タグ別アーカイブ: 錯視

こんなプロペラ見た事無い!?機内から撮影したプロペラがとんでもない事に!

こんなプロペラ見た事無い!?機内から撮影したプロペラがとんでもない事に!

機内から外の様子を撮影していた乗客が、飛行機のプロペラを撮影すると現実ではあり得ない様子が映し出されたようですよ。まずは動画をご覧下さい。

YouTube – curious stroboscopic effect

まるでプロペラが下に向かってゆっくりと舞い落ちているように見えますが、これはローリングシャッター現象と言うそうです。撮影機器のシャッター速度の度合いによって「歪んで見えてしまう現象」のようですね。

ローリングシャッターとは、テレビのブラウン管のように上から下に順次シャッターを切る方式だ。静止画ではあまり問題にならないのかもしれないが、動画では横方向の動きに関して影響が出る。例えば横に素早くPANした場合は、上から下までで微妙にシャッターのタイミングが違うので、形状が歪んでしまう。

引用元: 小寺信良の週刊「Electric Zooma!」

高速道路で併走する車のホイールが、実際の速度よりも遅く廻っているように見えたり、逆回転しているように見えたりするのも近い現象なのかも。

試しに携帯のカメラなどで「高速で回転する物」を撮影してみると、同じような現象を見れるかもしれませんね。

via: Rolling Shutter Effect