タグ別アーカイブ: 海外

タンポポの綿毛から自然と生命の誕生を46秒で表現する「Spring Valley」のCMが素敵だ

タンポポの綿毛から自然と生命の誕生を46秒で表現する「Spring Valley」のCMが素敵だ

今日は3連休の中日。皆さん休日モードだと思いますのでショートエントリーを。

オーストラリアの飲料メーカー「Spring Valley」のCMが幻想的で素敵でしたのでご紹介。登場する活き活きとした動物たち、ポップな春色使い、軽快な音楽が心地良いですよ。

YouTube – Spring Valley Ad – Where Spring Comes From

凄くヘルシーなイメージがあって飲んでみたくなりますね。
日本では販売していないのかな?

via: Tuesday Odds and Ends – mediabistro.com: AgencySpy

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚

ミシガン湖岸に住んでいるジェーンフルトンさんが撮影した、メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真がThe Design Inspirationで紹介されていたのですが、どれも心に訴えかけてくるような写真でしたので転載。

詳細は以下より

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚|画像001

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚|画像002

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚|画像003

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚|画像004

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚|画像005

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚|画像006

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚|画像007

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚|画像008

メキシコ湾の重油流出事故の悲惨さを訴える写真15枚|画像009

あの事故からもう5ヶ月が経つんですね。日本に住んでいると殆ど情報も入ってきませんが、事態は好転しているのでしょうか。

via: Crude Awakening ? A Inspiring Photo Series | The Design Inspiration

刺激的な彼女にピッタリ?弾丸をモチーフにしたアクセサリーを専門に販売する「BulletGirl.com」

刺激的な彼女にピッタリ?弾丸をモチーフにしたアクセサリーを専門に販売する「BulletGirl.com」

日本での販売はしていないようなのですが、とても潔いサイトだったのでご紹介。

アメリカの「BulletGirl.com」で販売しているアクセサリーは、弾丸をモチーフにした物だけにこだわり、指輪やネックレス、イヤリングなど色んなデザインの「弾丸アクセサリー」を楽しむ事が出来るようです。

刺激的な彼女にピッタリ?弾丸をモチーフにしたアクセサリーを専門に販売する「BulletGirl.com」|画像001
弾丸リング。花をイメージしているそうな。

刺激的な彼女にピッタリ?弾丸をモチーフにしたアクセサリーを専門に販売する「BulletGirl.com」|画像002
弾丸ネックレス。TPOを選びそうだな…

刺激的な彼女にピッタリ?弾丸をモチーフにしたアクセサリーを専門に販売する「BulletGirl.com」|画像003
弾丸ブレスレット。これはハードですね!

全身これだと厳しいですが、ポイントを絞って上手くコーディネイト出来ればオシャレに… (難しいかな?)

お値段は$160からだそうです。元サイトにはもう少しありますので、気になる方はどうぞ。

via: Creative Bullet Rings

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。

アメリカの「Mashable」によると、Twitter社が今週木曜日(日本時間では8月13日金曜日頃でしょうか)に公式ツイートボタンの提供を始めるそうです。

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。|画像001

ボタンの数は3種類で「110×20」「55×20」「55×63」との事。ウェブサイトやブログにボタンを設置する為の簡単な1行程度のコードも準備しており、カスタムする事が出来る5つのオプションもあるそうです。

以下セッティングや仕様の参考画像をどうぞ。

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。|画像002

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。|画像003

Facebookの「Likeボタン」や「Shareボタン」への牽制との見方もあるようですが、ウェブサイトやブログの運営者からすると、手軽に設置出来る公式ボタンの提供は嬉しいですね。

ユーザー側から見ても外部サービスに頼らなくて良い分、セキュリティ的に安心して使えるのではないでしょうか。

元サイトは英語ですが、さらに詳しく説明してありますので、気になる方はご参照下さい。

via: Twitter Launching Official Tweet Buttons This Week [EXCLUSIVE]