タグ別アーカイブ: ネタ

こいつ…iPhoneを喰ってる? あまりにグロテスクなiPhone充電ケーブル

こいつ…iPhoneを喰ってる? あまりにグロテスクなiPhone充電ケーブル

neatorama.comで見つけたのですが、あまりにキモい充電ケーブルだったので思わずエントリー。姿形だけでもキモいのですが動きもキモいです。キモキモです!

iPhoneを…喰ってる!?

YouTubeのコメント欄を見ると日本の方が作ったみたいですね。以下引用です。

展示者:iimio
展示タイトル:機械じかけの生もの
説明:今まで制作した,特殊造形と電子工作を合わせたデジタルだけど生っぽい作品を展示しています.過去のMTMでも展示した心拍で走る心臓「external heart」の他,新たな作品も展示予定です.グロいだけではございません.是非ご覧ください.
URL:http://i-mi.org/

引用元: YouTube – iPhone充電ケーブル

何だか真面目な研究の結果、生み出された物らしいですね。
気になる方は上記のリンク先をどうぞ。

via: Pulsating iPhone Umbilical Cord

そこは氷点下20℃のセカイ!全ての魚が死んでいる「氷の水族館」

そこは氷点下20℃のセカイ!全ての魚が死んでいる「氷の水族館」

タイトルは事実なんですが釣りっぽいですねw (少し狙いましたがw)

今日のネタはTOXEL.COMで知ったのですが、宮城県の気仙沼市に「氷の水族館」という所があるそうです。

画像が掲載されていたのですが、その様子に驚きましたよ…!

そこは氷点下20℃のセカイ!全ての魚が死んでいる「氷の水族館」|画像001

そこは氷点下20℃のセカイ!全ての魚が死んでいる「氷の水族館」|画像002

そこは氷点下20℃のセカイ!全ての魚が死んでいる「氷の水族館」|画像003

一匹も生きている魚がいないじゃないかw

水族館って『魚が優雅に泳いでいる所』を楽しむ所だと思っていたので、「凄いイロモノ系水族館だなー」って思っていたのですが、ただ凍らせているだけではないらしく、色々な工夫もされているようです。

漁港ならではの製氷技術で一週間かけて凍結させた氷柱 が立ち並ぶ館内は、常時マイナス20度に保たれています。

透明感あふれる40個の氷柱の中には気仙沼港に水揚げ された、カツオやサンマなど約80種類450匹の魚が「新鮮な」状態で氷漬けにされています。

また、南極観測砕氷艦「しらせ」が持ち帰った「南極の氷」も展示しています。

引用元: 気仙沼 海の市 氷の水族館 入館案内:株式会社 岡本製氷

少し調べてみると、実際に行って見た様子をブログに掲載している方もいるみたいですので、普通の水族館では満足出来ないという方や、変わった水族館に行ってみたいという方は一度調べてみてはいかがでしょうか?

via: Frozen Aquarium in Japan

自然の前には人間は無力だと感じさせられる、嵐に遭遇したパシフィック・サン号の船内カメラ影像

自然の前には人間は無力だと感じさせられる、嵐に遭遇したパシフィック・サン号の船内カメラ影像

2008年7月30日に、1732人の乗客と671人のクルーを運んでいたパシフィック・サン号は猛烈な嵐に襲われました。荒れ狂う波は7mを超え、吹き荒れる風は50ノットに及んだそうです。(via: LiveLeak)

比較的大きな客船を思わせるパシフィック・サン号の船内カメラ影像には、カウンター越しに話すスタッフが映し出されています。

最初は揺れても「ちょっと波が高いんだろうな」ぐらいで、乗客もスタッフも平然を装っていますが次第にとんでもない事に… 続きは動画でどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=cfbcYh1omc4

YouTube – Pacific Sun Cruise liner in very heavy seas. Internal CCTV footage

無音なのが逆に、画面の向こう側の音を想像してしまい怖いですね…

ネタ元のneatorama.comによると、この嵐で多くの乗客があばらや手足の骨折を含む大けがを負ったそうです。

秋になると行楽の機会も増えます。どのような場合でも災害は起こりうると考え、定期的に災害時の行動をシミュレーションしておくのも良いかもしれませんね。

via: Stormy Weather | neatorama.com

アメリカのストリートマジシャン「デビッド・ブレイン」のドヤ顔に今年一番笑ったw

アメリカのストリートマジシャン「デビッド・ブレイン」のドヤ顔に今年一番笑ったw

YouTubeでの再生回数は3000万回に迫ろうとしている有名な動画「David Blaine Street Magic: YouTube Edition!」ですが、【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)さん経由で初めて見て腹筋が崩壊w

あれほど自己主張の強いドヤ顔は初めて見ましたよ。

David Blaine Street Magic: YouTube Edition!

いやぁ素晴らしい!どこでも吹き出してしまう程の破壊力がありますねw
街中で思い出すのは絶対危険です。

デビッド・ブレインさんの経歴を紹介しているページがあったので引用しておきます。

アメリカのストリート・マジシャン。1973年、ニューヨークのブルックリン生れ。4歳のとき、「カードを通り抜ける鉛筆」をやったのが初めてのマジック。それ以来、マジックを見せることに熱中する。10代の頃は俳優を志し、マンハッタンの俳優養成学校に通っていました。あるパーティで、レオナルド・ディカプリオやアル・パチーノなど、ハリウッドの映画スターにマジックをみせると大変にうけ、特にディカプリオなど、彼のことを教祖のように思い、本当の「超能力者」と思っているような雰囲気があります。

ブレインのマジックは大がかりなものではなく、日本で言えばMr.マリックがやっているような「超魔術」的演出のものです。

ブレインが演じる場所はステージではなく、街頭です。道を歩いている人や、公園などで声をかけ、その場でひとつだけ見せて、すぐにそこから去って行くという見せ方をしています。最初はお金ももらわず、趣味で何年かこのようなことをしていましたが、役者の間ではよく知られるようになってきたため、街頭で見せているところを友人がビデオに撮り、編集もせず、ABC TVに送りました。このビデオを見たテレビ局のプロデューサが驚き、ただちに100万ドル(約一億二千万円)で彼と契約してくれたのです。それまでは下積みのうれない役者にすぎなかったのが、一瞬にして1億円を超えるお金が入ってきたのですから一番驚いたのはブレイン本人でしょう。

引用元: マジシャン紹介:DAVID BLAINE

日本に来てくれたら絶対見に行くんだけどなー。すっかりファンになってしまいました。

via: 「絶対に2回見てしまう動画」 1回でやめられない:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)

コロンブス大学の学生が制作したスーパーマリオブラザーズの壁画

コロンブス大学の学生が制作したスーパーマリオブラザーズの壁画

コロンブス大学にあるスーパーマリオブラザーズの壁画が「nbc4i.com」で紹介されていたのですが、原作を忠実に再現していてとっても素敵です。

これはコロンブス大学の学生チームが制作したものらしく、なんでも壁画の大きさは高さ16フィート(約4.9メートル)、幅38フィート(約11.5メートル)もあり、完成までに8日もかかったそうですよ。

以下より画像で紹介。

コロンブス大学の学生が制作したスーパーマリオブラザーズの壁画|画像001
十字キーとA、Bボタンも描いてあります。

コロンブス大学の学生が制作したスーパーマリオブラザーズの壁画|画像002
これはノコノコを蹴っているのか?ファイヤーボールを吐いているのか?

コロンブス大学の学生が制作したスーパーマリオブラザーズの壁画|画像003
左の男性が十字キーで操作。女の子もノリノリですね。

コロンブス大学の学生が制作したスーパーマリオブラザーズの壁画|画像004
みんなそれぞれマリオになりきって遊んでますw

日本発祥のゲームがこれだけ世界中に愛されているというのはなんとも嬉しいものですね。日本にもどこかに無いのかな?

via: CCAD Students Create Interactive Mural | painted a mural