カテゴリー別アーカイブ: WEBサービス

Dropboxの5G増量キャンペーンのやつUSBメモリでやると楽だったよ!

Dropboxの5G増量キャンペーンのやつUSBメモリでやると楽だったよ!

昨日「Dropboxの容量を無料で誰でも4.5GBも増加出来るよ!」ってエントリーを見かけました。

なんでもベータ版のソフトをインストールして、iPhoneやデジカメからの自動取り込みを行うと、無料で最大4.5GB(追記で5GBいけるかもって書いてあるけど)の容量追加が可能らしいです。

ぼくはDropboxの無料プランを使っているのでちょうど容量が不足気味。無料でそんなに容量がアップするならって事で実際に試してみましたよ!

まずはベータ版のDropboxをダウンロードしてインストール。

Windows: http://dl-web.dropbox.com/u/17/Dropbox%201.3.12.exe
Mac OS X: http://dl-web.dropbox.com/u/17/Dropbox%201.3.12.dmg

今回のキャンペーンはDropboxがベータ版として出したソフトを使用するため、事前に同期領域のバックアップお勧めしています。

万が一の事を考えて、別のローカルエリアにバックアップ後に試したほうが良さそうですね。

iPhoneとかデジカメつなぐのメンドイからUSBメモリで。

まあでもDropboxの容量を増やす為とはいえ、iPhoneとケーブル準備してPCに接続するのも面倒だし、そもそもデジカメとかSDカード持ち歩いて無いし他に方法ないかなーって考え、USBメモリで試してみました。

勢いよくUSBメモリをぶっ刺してみたところ…むう。ぜんっぜん認識されないや無いの。

要するにDropboxからデジカメっぽく見えるようにすれば良いわけだな…って事で、USBメモリの中身を空にして「DCIM」ってフォルダを作り、その中にメディアファイルを入れてみたところ…わーいけるじゃんかこれ!

Dropboxの5G増量キャンペーンのやつUSBメモリでやると楽だったよ!|画像001
こんなかんじにする。

今回の目的は合計5Gのメディアファイルをアップロードする事ですので、データの受け渡しの簡単さを考えるとUSBメモリはかなり便利ですね!

大きなメディアファイルを準備するのメンドイので偽造ファイルで。

先ほど紹介したリンク先を見て貰えば分かると思いますが、最大限まで容量を増やそうと思ったら5Gものメディアファイルをアップロードしなくてはなりません。

しかもまったく同じファイルを名前を変えただけでは違うファイルとして認識してくれないようです。タイムスタンプかファイルサイズ監視してるのかしら… (アップロードし終わったファイルを削除すると再度取り込みは可能なようだけど。)

それだけのメディアファイルを準備するのも大変だなーって思ったので、適当に大きめのファイルを準備して拡張子を「.jpg」とか「.mpg」にしてからUSBメモリにつっこんでPCに接続してみました。

Dropboxの5G増量キャンペーンのやつUSBメモリでやると楽だったよ!|画像002
こんな感じでファイルを置いてみると…おおーメディアファイルとして認識された!

ここまで出来たら後はじっくりと同期してくれるのを待つだけ。500MBアップロードする度に自分のDropboxの容量が500MB増えますので気長に待ちましょう。

また当然ですが、自分の最大容量を超えるメディアファイルのアップロードは出来ませんので、適宜いらないファイルは消しちゃいましょう。(もちろん消した後でも増量された容量は減りません。)

という訳でDropboxの容量が3.8GBから8.8Gになったよー!

Dropboxの5G増量キャンペーンのやつUSBメモリでやると楽だったよ!|画像003

まあこれだけあれば当分は容量不足の悩みからは解消されそうです。まだ試していない方はお試しあれー!

Facebookを始めるなら日本でも盛り上がり始めた今なのかも…!

Facebookを始めるなら日本でも盛り上がり始めた今なのかも…!

Facebookが盛り上がっていますね。

ご多分に漏れる事無く、僕も昨日から眠っていたFacebookアカウントを引っ張り出して参加しているのですが、非常に楽しんでいます。

僕が楽しいと感じる理由は色々とあるのですが西岡Blogさんの記事「Facebookにおける脳の報酬系がヤバイ」にあるように、“1秒に3-4以上の反応が返ってくる”って所が大きいですね。

タイムラグの殆ど無い「いいね!」のリアクションや、短くて端的な素早い返信、友達リクエストから承認までのレスポンス、どれもがこれまで感じた事無いくらい素早いスピードで返ってくるので、まずはその速度に驚きました。

5分でタイムラインが流れてしまうTwitterが、ちょっとスローに感じる程に。

「それFacebookじゃ無くても他のサービスで出来るよ」って部分も、もちろんあるとは思いますが、沢山の人達がぞくぞくと集まってきているなーって感覚が、Twitterの第1次ブーム、第2次ブームが終わって参加した僕としてはとても新鮮なものに感じています。

ここまで大きなサービスにユーザーが集まり始め、その動きがうねりとなり、盛り上がり出しているって瞬間は中々体験出来るものではないので、Facebookに少しでも興味のある方は今が参加のタイミングなのかもしれません。

きっと「ネットの熱い鼓動」を感じると思いますよ。

Facebook関連記事

僕がFacebookを始めて気になった記事をピックアップしてみました。

「Facebook始めてみようかな?」って思っている方の参考になれば幸いです。

Facebookの楽しさ、楽しみ方など

Facebookの特色や特徴など

Facebookの設定、チュートリアルなど

その他のFacebook関連記事

Twitterのツイートをブログに引用出来るWEBサービスまとめ

Twitterのツイートをブログに引用出来るWEBサービスまとめ

色んなブログでTwitterの引用を見かける事が多くなってきたので、みんなどんなツール使ってるのかなーって思って調べてみたので、メモ代わりにエントリー。

これまで当ブログでは、ツイートを紹介する時にスクリーンショットを切り取って使っていたのですが、これだとテキストをコピーする事も出来ませんし、画像を準備するのも手間ですよね。

以下より紹介する3つのサービスを使えば結構簡単にツイートを引用出来ますので、良かったら参考にしてみて下さい。

 

Blackbird Pie

Twitterのツイートをブログに引用出来るWEBサービスまとめ|画像001

Twitter公式の「Blackbird Pie」ですが、こちらが一番見かける機会が多いと感じます。

使い方は「Blackbird Pie」のサイトに行き、入力欄に引用したいツイートのURLを貼り付け、「Bake it」ボタンを押すだけ。

後はコードが発効されますので、それをブログの挿入したい部分に貼り付けるだけで、特に装飾しなくても整ったデザインで表示されます。

引用サンプル

ブログを更新しました。 – 月額利用料2980円の光インターネットプロバイダ「Qit 光マンションVDSL タイプ」を申し込んでみた | SSCR Blog http://bit.ly/cq56xbless than a minute ago via HootSuite

さすが公式だけあって非常に安定した印象です。またツイート主が設定している背景が、引用した際にも反映されるので非常に分かりやすいですね。

発効されるコードは長めです。

 

TweetPaste

Twitterのツイートをブログに引用出来るWEBサービスまとめ|画像002

シンプルな画面で非常に使い易い「TweetPaste」。こちらも同じようにサイトに行き、入力欄に引用したいツイートのURLを貼り付けて「Gimme!」ボタンを押すだけでコードが発効されます。

引用サンプル

公式の「Blackbird Pie」で表示されるデザインに非常に似ていますが、ツイートが吹き出し型で表示される点、サイズが固定されている点、ツイートが長いとサイドバーが表示される点(ブラウザに依存するようです)が異なっていますね。

またWordPress用のプラグインもあり、これを利用する事でショートコードでの挿入も出来るみたいです。

発効されるコードは短めですよ。

URL貼付けの際にちょっと加工が必要

Twitterのツイートをブログに引用出来るWEBサービスまとめ|画像003

実際に使用してみて分かったのですが、URLを入力する際に一部を削除しなければコードが発効されないようです。(2010年10月5日現在)

 

QuoteURL

Twitterのツイートをブログに引用出来るWEBサービスまとめ|画像004

サイトの水色が非常に爽やかな印象の「QuoteURL」。やはり入力欄に引用したいツイートのURLを貼り付けて右下の「Save」ボタンを押すとコードが発効されます。

引用サンプル

  1. SunSouthCityRockers
    sscrブログを更新しました。 – 月額利用料2980円の光インターネットプロバイダ「Qit 光マンションVDSL タイプ」を申し込んでみた | SSCR Blog http://bit.ly/cq56xb

this quote was brought to you by quoteurl

ツイートの背景は反映されず、表示されるツイートの印象は非常にシンプル。複数のツイートをまとめて表示する事も可能(後述)ですので、会話形式でのやりとりを引用するのに便利なのではないでしょうか。

また同時に短縮URLも発効されるので、他人のつぶやきをTwitterで伝える時にも使えますね。

発効されるコードは長めです。

複数の発言をまとめて引用出来る

以下WEBマーケティング ブログさんの記事より引用させて頂きます。

「QuoteURL」は、Twitterの発言ステータスURLをまとめて、会話をHTMLで埋め込めるサービス。引用タグも自動で入ります。

「QuoteURL」の特徴

・ステータスURLまたはID(10桁程度の数字)を登録して、埋め込みタグを生成
・発言4個の登録まではログイン不要
・Googleアカウントでログインすると10個まで登録OK

引用元: Twitterの気になる会話を引用してサイトに埋め込める「QuoteURL」 – WEBマーケティング ブログ

 

まとめ

各サービスどれも特徴がありますので、引用したい状況に応じて使い分けても良いですし、自分のブログのデザインに併せて使い分けても便利なのかもしれませんね。

3つのツールを使用してみた感想ですが、どのツールもブログに貼り付けて表示する際に、既存のスタイルシートと干渉して表示崩れが起こる場合がありました。

その場合は新たに干渉しないブロック要素等を作り、その中にコードを挿入すると思い通りの表示をしてくれると思います。

全て英語のサービスですが、どのサービスもあまり難しくないので、試された事のない方は一度やってみられては如何でしょうか。

他にもこんなTwitter引用ツール知ってるよって方はコメント欄かTwitter(@sscr)にて教えて下さい。

 

追記

コンテンツリンクを埋め込みコードに変えるWEBサービスで「Embed.ly」という素敵サイトがあるみたいですね。(thx @chomgejp2)

コンテンツリンクを埋め込みコードに変えるサービス「Embed.ly」の導入方法-swordsmith

ヘッダーに予めコードを仕込んでおくだけで、通常ののURLでも提携のフォーマットに整形してくれるそうな。(Twitter以外にも112のサービスに対応)

上記のリンク先を見るとTwitter公式の「Blackbird Pie」と同様のフォーマットで表示しているみたいです。事前の設定が必要という手間はありますが、さらに手軽にTwitterをブログに引用出来そうですね。

GREEがiPhoneでのユーザー登録を開始したようなので登録してみました

GREEがiPhoneでのユーザー登録を開始したようなので登録してみました

Twitter経由で知ったのですが、GREEiPhoneからの新規登録を始めたようですね。

グリー株式会社 | ニュースリリース | プレスリリース 2010年 | GREE、iPhone版にてユーザー登録の対応開始

GREEと言えば最近でははてなの伊藤直也さんが入社した事で話題になっていましたが、その成果が早速現れ始めたのでしょうか。

そう言えばGREEの登録をやった事が無いなーって事で、早速iPhoneから登録してみましたよ。以下簡単な手順をご紹介します。

GREEがiPhoneでのユーザー登録を開始したようなので登録してみました|画像001
まずはiPhoneのSafariからhttp://t.gree.jpにアクセスして、一番下の無料ユーザー登録をタップ。

GREEがiPhoneでのユーザー登録を開始したようなので登録してみました|画像002
すると必要事項を記入するページが開きますので、全部入力して次へをタップ。

GREEがiPhoneでのユーザー登録を開始したようなので登録してみました|画像003
僕の場合はすぐにiPhoneの「i.softbank.jp」メールにGREEから「[GREE]メールアドレスの確認」という題名のメールが届きました。そこに記載されているURLをタップ。

GREEがiPhoneでのユーザー登録を開始したようなので登録してみました|画像004
Safariが開いて上記の画面が。この後にSMS(登録した携帯番号宛)が届きます。

GREEがiPhoneでのユーザー登録を開始したようなので登録してみました|画像005
21005からのSMSがGREEですね。このURLをタップするとユーザー登録が完了です。

登録に掛かる手間ですが、特に迷う事もなくスムーズに登録出来ました。i.softbank.jpのメールアドレスと携帯番号の2つを使って認証するとはちょっと上手いなーって思いましたが、ユーザーからしたら一つ手間が増える印象ですかね。

あと、ログインに使うユーザーIDは登録したメールアドレスなのですが、これは登録後に変更出来ます。当たり前と言えばそうなのですが、これは僕の中で好評価でした。

さて肝心のスマートフォン版GREEの使い勝手ですが、UIもiPhone用にデザインにしてあるようで必要な情報へ簡単にアクセス出来る印象です。ゲームはまだ出来ないみたいですが今後の対応に期待しましょう。

GREEがiPhoneでのユーザー登録を開始したようなので登録してみました|画像006
iPhoneから見たGREEはこんな感じ。登録したばかりなのでなんにも無し。

GREEに登録してみたいけど、携帯端末がiPhoneしかないって方も、登録を試してみてはいかがでしょうか?

参考: グリー株式会社 | ニュースリリース | プレスリリース 2010年 | GREE、iPhone版にてユーザー登録の対応開始

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」

iPhone用の人気アプリ「Simplenote」は、iPhone上で簡単にメモを追加、編集出来る無料アプリで、私も毎日愛用しています。

シンプルなインターフェイスと起動速度の速さ、メモをオンライン同期出来る事で、公開当初から人気を得ていた「Simplenote」。バージョンアップを重ねる毎に正当進化していたのですが、今回v3.0.2へのアップデートに併せてWEB版「Simplenote」の使い勝手も随分と良くなっていました。(アイコンも可愛くなりましたね!)

「Simplenote」ってなに?って人は、マイコミジャーナルの【レビュー】iPhoneだけでメモを完結させない、メモデータ活用サービス『Simplenote』がよく纏まっていますので、こちらをご参考に。

実はこの記事も試しにWEB版「Simplenote」上で書いているのですが、テキストエディタと遜色なく使う事が出来、普通に打ち込んでいるだけではWEBアプリだという事を忘れてしまいそうなくらい素晴らしく仕上がっています。

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像001
こちらがインターフェイス。シンプルで好感が持てますね。

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像002
サイドにメモの一覧が。タイトル名はテキストの1行目が自動的に選択されます。

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像003
テキスト入力画面の上にはシンプルな3つのボタンと、タグを追加するボタンがあります。
(左から、メモの削除、バージョン、ピン。下がタグボタン)

サイドバーに表示されるメモは日付が新しい順に並んでいるのですが、ピンを立てる事によって一番上に表示させる事が出来ます。また、複数のメモを管理する方に嬉しいのがタグ機能ですね。これは今回バージョンからの追加機能です。

このボタンの中でも特に便利だなーと感じたのが、バージョンボタン。ここにマウスを載せると…

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像004
こうやってバーが現れ、左にスライドさせる事によって時間を遡るようにメモが時間毎のバージョンに戻っていきます。これがあれば「書き直してみたけど、やっぱり最初の方が良いな」って時にチャチャっと元に戻せるので、特に長文の記事を書く人やレポートなどのまとめを書くにも便利なのではないでしょうか。

iPhone版「Simplenote」は勿論、WEB版「Simplenote」も無料で使う事が出来ますが、データの出力やRSS配信等が出来る高機能な有料版もあります。しかしネックなのが年間1,200円/年という価格。結構ハードル高いですよね…

データの出力だけでも出来ないかなーって探してみたら、サードパーティのサービスで様々な形式に出力してくれる「Simplenote Backup」ってサービスがありました。

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像005
テキストデータをText、CSV、JSON、XML、YAML、Evernote形式でダウンロード出来ますね。便利!

さて最後に僕が「Simplenote」を選んだ理由を。

PCとiPhone間でメモを同期するという意味ではEvernoteと変わらない…というかEvernoteの方が機能的には豊富ですね。しかし高機能ゆえにPCやWEBからの動作が非常に重く、管理がめちゃくちゃメンドイ!と感じ「Simplenote」を選びました。

これは個人の用途に依るのですが、僕の場合は圧倒的にテキストを扱う機会が多く、すぐにメモを出来て軽く、iPhoneからもPCからも扱えるアプリを探していました。勿論Evernoteも素晴らしいですが、僕にはこれ位シンプルな方が良いようです。

シンプルにメモを扱いたいといった用途には非常に便利なアプリ「Simplenote」。是非一度試してみて下さい。

[iTunes] iTunes App Store: iPhone、iPod touch、iPad 対応 Simplenote
[WEBアプリ] Simplenote