カテゴリー別アーカイブ: Facebook

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)

前夜祭編は下記より
Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編) | SSCR Blog

昼過ぎに起床!さあフォトスラに遊びに行こう!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像001

明け方まで起きていたのと疲れていたのもあって、目が覚めたのはお昼過ぎ。そのまま少しのんびりさせて頂いて14時過ぎに岩田さんの会社フォトスラに遊びに行きました。

というのも忘年会で「Facebookトーク」をするように原稿を書いていたのですが、ぎりぎりまで推敲していたので、どうしても完成版を印刷したくてコンビニ印刷を検討していた所、岩田さんが「うちの会社で印刷しなよ。すぐ近くだし。」と言って下さったのです。

オフィスの写真を撮り忘れてしまったのですが、凄く綺麗で働きやすそうな環境でした。コーヒーや栄養ドリンク、お菓子なども常備してあるようでしたね!

サクッと印刷を完了し、ついでにFacebookで軽くいいね!をした後、フォトスラを出発。Facebook忘年会の事前打ち合わせ集合時間の17時まではだいぶ時間がある為、のんびりと歩いて渋谷に向かう事に。

方向音痴でも大丈夫。そうiPhoneがあればね!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像002

もちろん東京なんて詳しくないぼくですが、そんなぼくでも比較的スムーズに会場に向かう事が出来たのはiPhoneがあったからと言っても過言ではありません。

現在地をGPSで取得し、予めメモしておいた打ち合わせ場所の住所を目的地に設定すると、そこまでの徒歩経路や自分がどっちを向いて歩いているかまでわかるので、迷う方が逆に難しいくらい。

iPhoneでマップを見ながらぷらぷらと歩き、写真を撮ったりFacebookに書き込んだりしてたら、1時間前に打ち合わせ場所に到着。だれか近くにいないかなーとも思ったのですが、まあ微妙な時間だったので、大人しく待っておく事に。

事前打ち合わせから緊張がたかまる!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像003

忘年会の会場はM/13 CAFE。本格料理が楽しめる“大人が集う”カフェといった感じで、スペースにもゆとりがあり、場所的にもアクセスしやすそう。忘年会の事前打ち合わせは、その隣にある喫茶室ルノアール 渋谷宮下公園店で行いました。

事前打ち合わせは7人ぐらいで集まり、会場への誘導や荷物の置き場所の設定、料金の徴収など、それ以外にもかなり細かい部分まで詰めて話をしていました。公式なイベントならば当たり前の事なのかもしれませんが、ユーザー主導のイベントとしてはかなり手が行き届いていた印象です。

ぼくの担当は忘年会の前半のイベント「Facebookトーク」をする事と会場の設営など。Facebookトークは喋るだけだし、会場の設営はスタッフの指示に従うって事だったので、ほとんど打ち合わせには関わらなくても良かった感じ(もちろん忘年会の流れは確認して把握してたけどね)。だいたいFacebookでいいね!押してました。

事前の段取りがしっかりしてあったお陰で、入場もスムーズにいったみたいでいよいよ「Facebook忘年会 in Tokyo」がスタート、集まる人の多さにみるみる緊張が高まり、ぼくのコンディションは最悪の状態に…!

「Facebook忘年会 in Tokyo」がスタート!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像004

今回のFacebook忘年会は、まったく同時間帯に大阪でも行われており、お互いの様子をUstreamで配信しあい、繋がってる感をより感じる事が出来ました。

また参加出来なかった方々の為に、Facebook上でもイベントスペース的に忘年会会場を設け、そこで各々が乾杯したり、いいね!を押しまくったりしていて、それぞれの地域で、それぞれのスタイルで忘年会を楽しむという、けっこう面白い仕組みになっていたと思います。

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|Ust画像001
(画像をクリックでUstreamに飛びます)

このイベントのディレクター、ゆーすけさんから簡単な注意事項の説明の後、乾杯の合図があり、最初から結構いい感じで盛り上がっていました。

その盛り上がりの様子と比例するかのように、ぼくの緊張もじょじょに高まり、その様子を見かねたraituさんがカウンセラーのごとく優しく語りかけ、そっと肩を抱き寄せ手を握り、ぼくの緊張を鎮めてくれました。

きっとあの様子は誰の目にも異様に写ってたと思います…

いよいよ大仕事「Facebookトーク」に挑む!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像005

今回の「Facebookトーク」で喋るメンバーはNAVERのかねともさん、特攻チームA野郎!!の寺瀬さん、そしてぼくの3名。

事前準備の時から緊張から来る口の乾きがとどまる所を知らなかったので、何度もお店の方に水を貰い口を潤すも改善せず、5杯くらい飲んでた気がします。

最初のかねともさんのトークテーマは「女子目線のFacebook」。さすが場数を踏んでいるだけあって非常に内容も面白く、綺麗にまとまったプレゼンで凄く面白かったし、2番目の寺瀬さんの「カレーの話」もテンションが高く会場の受けも良かった。このあとに喋るとか…なんという罰ゲームですか!

「それでは最後、ささくれささおさんです!」と司会のゆーすけさんに呼ばれた途端、癒して貰った緊張もぶりかえし、景色は二重に見えるし手足の震えが止まらない状態に。こりゃやばいなーって思いながら震えて残像が見える原稿を片手に喋り始めました。

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|Ust画像002
(画像をクリックでUstreamに飛びます)

正直頭が真っ白になっていたので、当初の予定から随分と抜けた部分が多い内容になってしまい、自分の中の出来としては良くなかったなーと後悔するような内容だったのですが、会場にいる皆さんの賑やかな歓声に助けられ、なんとか無事にトーク終了。

満足のいくトーク内容にはほど遠かったのですが、たくさんの方々に褒めて頂き、嬉しいやら申し訳ないやら…

でもこれで肩の荷がすっと降り、あとは忘年会を楽しむだけだ!と色んな方達とお話ししたり、名刺交換をしたりして、やっと忘年会を満喫し始めましたねー

リアルいいね!を一杯貰った

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像006

忘年会に参加した方にはネームカードと、いいね!シールが配られたのですが、そのいいね!シールをたくさん身体に貼って頂きました!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像007

参加者同士がコミュニケーションの一環として、リアルでいいね!シールを貼っているといった光景は大変微笑ましいもので、このいいね!シールがあった事で、より活発なコミュニケーションが取れたように感じます。

ここでも多くの方とお話しする事が出来て、一緒に写真を撮ったり、Facebook上でしか分からない様なネタを言い合ったり、仕事なにしてるんですかーって聞かれて誤魔化したりしてるうちに、あっという間に忘年会は終了。

この後は場所を変えて2次会、3次会への流れになりました。

2次会からの盛り上がり。朝まで飲み明かす!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像008

2次会の会場は甘太郎 渋谷センター街店。これ以降は参加メンバーが減っていた事もあり、一人一人とじっくりとお話しさせて頂く事が出来ました。

年末の忘年会時期という事もあり、店内は大変混雑していましたが、そのおかげか腰をじっくりと落ち着けて話している方々が多く、より突っ込んだ話が出来て、一人一人の距離が縮まったように思います。

やっぱりリアルであって話すって、凄く大事だなーって感じましたね。

ここでもゲリラ的にUstreamでの配信を何度も行っており、アーカイブも残っていたのですが、けっこう内容がアレだった部分が多かったのと、Facebook上では実名で参加されてる人が多いのを理由に、全て非公開の設定にさせて貰いました。

結局3次会の会場も、3階から2階に移動しただけ。座敷タイプだったので、よりまったりと飲んだり話したり。こういう時間って大事だよなぁ。

募る東京への思い

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像009

結局全ての飲み会が終わったのは5:30頃。ぼくはみんな大好き漫画喫茶で寝る事に決め、やっぱり東京に住みたいなぁとぼんやり考えながら、いつのまにかリクライニングもしないような、硬いオフィスチェアに寄りかかり、余韻を楽しむように眠りについたのでした。

東京初日も、たくさんのFacebookユーザーと会えるという嬉しい展開でしたが、2日目のメインイベント「Facebook忘年会 in Tokyo」では、「Facebook上とリアルが全然ちがうやないか!」って人と、「Facebook上のノリと一緒やw」って人の2パターンに印象が分かれ、そういった意味でもリアルで会ったからこその発見があり、非常に有意義な時間を過ごさせて貰ったなあと思いましたね。

そしてトラブルもなく、大盛況の内にFacebook忘年会 in Tokyo、及び2次会3次会が無事終了出来たのは、忘年会の幹事の方々が色々な事前準備や当日の段取りなど、隅々まで行き届いた配慮をして下さったお陰だと思っております。

この場を借りて改めてお礼申し上げます。凄く楽しい忘年会に参加させて頂き、ありがとうございました!

資料: いいね!マイスターへの道、いいね!48手

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|画像010

結構アレなトーク内容だったにも関わらず多くの方(5人くらいって多いよね!)に、資料を公開して下さいよーって言って頂いたので、下記より公開させて貰います!

プレゼン資料 いいね!マイスターへの道

※スライドシェアにアップロードしてみたのですが、表示崩れが酷かったため、ブログの公開に間に合わせるのは断念… また後で試してみます。

Facebook いいね!48手

Facebookにおけるシチュエーション別の「いいね!48手」をご紹介致します。

No シチュエーション 名前
01 上から順番に見ていきいいね!する 「カジュアルいいね!」
02 いいね!をくれた相手にいいね!を返す 「ツバメ返し」
03 気になるあの子のウォールでいいね!しまくる 「なめまわし」
04 あえて逆からいいね!していく 「滝登り」
05 新しいFacebookユーザーに集中していいね!する 「宣教師」
06 突然ひらめいたかのようにいいね!する 「かみのおつげ」
07 風俗関連の広告ポストにいいね!する 「五反田」
08 別の友達と連携していいね!する 「ふたりがかり」
09 コメントに即いいね!を付ける 「コメントいいね!」
10 アクティビティにも敏感に反応しいいね!する 「趣味合うね!」
11 美味しそうな写真にいいね!する 「ぐるなび」
12 エロ系ポストにいいね!する 「フェティシズム」
13 失敗や良くない事があったポストにいいね!する 「元気出して!」
14 犬や猫系のポストに敏感に反応しいいね!する 「綱吉」
15 文化系ポストにいいね!する 「カルチャー」
16 心温まる内容や微笑ましいポストにいいね!する 「ヒューマン」
17 友達になって最初のいいね!する 「ヴァージン」
18 愚痴や不平不満系のポストにいいね!する 「頑張ってるね!」
19 ポエム系ポストにいいね!する 「ロマンチスト」
20 名言系ポストにいいね!する 「じこけいはつ」
21 IT技術者系にしかわからないポストにいいね!する 「ぎーく」
22 ちょっとキザな台詞や流儀にいいね!する 「ミサワずき」
23 位置情報系ポストにいいね!する 「チェックイン」
24 あえてタイミングをずらしていいね!する 「一人時間差」
25 ゲーム関係のポストに集中していいね!する 「16連射」
26 ネタポストやお笑い系ポストにいいね!する 「スマイル」
27 ファッション関係に敏感に反応しいいね!する 「アパレル」
28 悩みや相談系のポストにいいね!する 「牧師」
29 昔の素晴らしいポストを発掘していいね!する 「トレジャー」
30 忘れかけていた元恋人にいいね!する 「サプライズ」
31 最新ニュースに独自の切り口でいいね!する 「ジャーナリスト」
32 これ大丈夫か?って位の性癖にいいね!する 「カミングアウト」
33 とにかく最速のいいね!を目指す 「しっぷう」
34 おじいちゃんおばあちゃんのポストにいいね!する 「かいご」
35 おはようからおやすみまでいいね!する 「Lion」
36 星占いや血液型占いなどのポストにいいね!する 「スピリチュアル」
37 よく分からないけど皆がいいね!するから俺もする 「ミーハー」
38 可愛い女の子orイケメンに集中的にいいね!する 「こんかつ」
39 大丈夫か?問題ない!等にいいね!する 「エルシャダイ」
40 一日中いいね!してる 「はいじん」
41 メガネアイコンの人を中心にいいね!する 「いろめがね」
42 一度に10人の投稿にいいね!する 「聖徳太子」
43 真剣勝負を挑むようにいいね!する 「さむらい」
44 外出先からもいいね!する 「iPhone」
45 とりあえずタイムライン上のポストにいいね!する 「うわっつら」
46 会心の自分のポストにいいね!する 「ドヤ顔いいね!」
47 自分のポストにしかいいね!しない 「ナルシスト」
48 英語のポストに良く反応する 「バイリンガル」
49 ハート関連によくいいね!する 「プリキュア」
50 Twitter系ポストにいいね!する 「鳥好き」

【素人にはお勧め出来ない危険ないいね!】

No シチュエーション 名前
51 LikeBombなどのツールを使っていいね!する 「集中砲火」
52 いいね!→取り消し→いいね!を繰り返す 「サンドバック」
53 あまり親しくない友人の鬱ポストにいいね!する 「ポイズンエアー」
54 一人のユーザーのポストを執拗にいいね!する 「たんてい」
55 恋人同士がいちゃいちゃしてる所にいいね!する 「よこやり」

※48手と言いながら現在55種ありますがネタ的なものも含まれています。これからまた新たな技を発掘したら、随時追加していきます。

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)

先日ゆーすけべー日記で紹介され、「無職なんですね」とよく言われるようになったささおです。こんにちわ。

ちょっと遅くなりましたが、12月18日に行われた「Facebook忘年会 in Tokyo」に参加してきた様子をブログに残しておこうと思います。

Facebook忘年会という名前ですが、Facebook公式イベントという訳ではなく、Facebook内で仲良くなった人同士がわいわい盛り上がりましょう!といった企画で、今回は130人以上の参加予定者がいたようです!

参加する気が全くなかった忘年会!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)|画像001

きっかけは今年の10月末日に話は遡り、東京のとあるFacebookイベントに参加した際、「忘年会でささおのいいね!論を喋ってみたらいいんじゃない?」って話になったのですが、ノリで「やりましょう!」と答えた所、いつの間にか断れない雰囲気になり、まったく行く予定の無かった忘年会への参加が決定しました。

せっかくだから前日入りして普段から仲良くさせて頂いている方々とたくさん会えるようにと17日から東京へ行き、20日の昼頃に帰ってくる飛行機を予約。

忘年会参加までの期間がたっぷりあった事もあり、色々とイベント的な計画も立てて、東京での行動を何度もシミュレーションしながら、みんなと会えるのを楽しみにしつつ胸躍らせていました!

出発日当日。飛行機に間に合うのか?

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)|画像002

事前準備的なものをギリギリまでやっていなかった為、深夜までごそごそと荷物を詰めたり、東京での計画を立てたり、忘年会でのトーク内容を推敲したりしているうちに朝7時。10:30発の飛行機だった為、これから寝るのはヤバいと考え、このまま起きておいて出発する事にしました。

実は朝にもう一件用事があり、旅行の必需品でもある「通信環境」を手に入れようと注文していた「WiMAX」が、出発日の当日午前中にしか届かないとの連絡が入っていた為、眠い目を擦りながら、近くのクロネコヤマト営業所まで荷物を引き取りに行く事に。

連絡の行き違いからすぐには荷物が見つからず、こりゃいよいよヤバいかも…って思っていたのですが、なんとかたくさんの荷物の中から職員の方がぼくの荷物を見つけて下さり、無事受取り完了!

本当は通信環境の設定まで済ませて東京に行きたかったのですが、もう時間がない為箱ごとカバンの中に詰め込み、バタバタと空港に向かいました。

なんとか時間も間に合って空港へのチェックインも無事に完了し、いざ東京へ向かって出発!凄く楽しみで逐一Facebook上に現在の状況を投稿していましたね!

ゆーすけさんが羽田空港に迎えに来てくれた!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)|画像003

羽田空港について携帯の電源を入れると、迎えに来てくれていたゆーすけさん(ゆーすけべー日記で有名な方で、エロギークとしても知られています)から早速SMSで連絡が入っていました。

特にトラブルもなく無事合流。実に1ヶ月ぶりの再開だったにもかかわらず、Facebook上で何度もやりとりをしているせいか、すごく懐かしい友人に会ったような錯覚に陥り、軽く感動していました。 ゆーすけさん…お久しぶりです…

「おまえ、なんだよその格好www」

そんな感動をぶち壊すかのようなゆーすけさんの第一声。

実はここ一週間、福岡では急激に冷え込んだ事もあり、「福岡でこれだから東京はさぞ寒かろう」と完全な防寒対策をしていったのですが、逆に東京の方が気温が高く福岡に比べると温かい。

確かに飛行機内でも非常に浮いていたような気がします…

ゆーすけさんの第一声に軽く白目をむきましたが、車に乗り込み最初のイベント「ささお的ビフォーアフター」の予定地原宿に向かいました。

ドライブはUstreamで楽しもう!

羽田空港から原宿まで首都高を使えば30分ぐらいで着くらしいですが、「のんびりいこうぜ」という提案と予定時間の14時までには随分と時間があった(12時過ぎに到着していました)為、下道でのんびりと原宿に向かう事に。

特に予定があった訳ではないのですが、その場のノリでUstream配信をしてみようと思い、ゲリラ的に開始してみました。

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)|Ust画像001
(画像をクリックでUstreamに飛びます)

いま見返してみても空も晴れ渡っていて、のんびりと楽しいひとときでしたね!

集合場所が急遽渋谷に変更!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)|画像004

途中で簡単に昼食を取り、引き続き車に乗り込むと、待ち合わせをしていたみほさんが、いま渋谷にいるとの連絡が入り、だったら渋谷で合流してちょっとお茶でも飲んでから原宿に向かおうという事で、急遽渋谷へと目的地を変更しました。

集合場所は渋谷のTokyo Salonard Cafeって所で、店内の雰囲気はレトロ調で落ち着いた感じ。渋谷のカフェの割には混雑して無くて、打ち合わせなんかにも使えるんだって。

結局合流したのは14:40位で、この時点で予定時間を40分ほどオーバーしている事に気付きましたが、まあ気にしない事に。

続々とFacebookユーザーが集合!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)|画像005

Facebookには「チェックイン」っていう機能があって、現在地をウォールに投稿したり、友達にシェアしたり、近くにチェックインしている友達がいないかを確認することができます。

そのチェックイン機能を使い、自分の居場所をFacebookに投稿した所、「そんなに近くにいるんだったら行くよー」って言って下さる方からFacebook上に続々と連絡が飛び込んできました!

最初はぼくとゆーすけさんを含む4人でお茶していたのですが、ツイッター総研(今年中に『ついけん』と名前を変えてリニューアル予定)のコクマイさんが「ゆーすけさんにお会いしたい」と最初に合流して下さり、続いて何人ものFacebookユーザーがカフェまで足を運んで下さいました。

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)|画像006
ツイッター総研のコクマイさんとエロギークでおなじみゆーすけさん

普段からFacebook上で仲良くしている人達ばかりでしたので、初対面とは思えないほどの盛り上がりとなり、まるで昔から知り合いだったかのような親密さでわいわい盛り上がったのが凄く印象的でしたね。

結局延べ14人の方達が、特に告知もしていないような只の待ち合わせ場所に集まってしまい、ちょっとしたオフ会みたいになってしまったのが個人的には驚きました!

「○○さんが来るまで待っておこうかー」ってやっているうちに、気が付いたらこのカフェに20時過ぎまでいました!予定していた「ささお的ビフォーアフター」はなし崩し的に無くなってしまいましたよ…

いざ新宿へ!朦朧としながら飲み会へ参加!

この後新宿で予め予定していたFacebookユーザーの飲み会に参加。5人ぐらいで飲んでいたのですが、前日の準備疲れと睡眠不足でくらくらに。

ここでもリアルでは初めて会う方々ばかりで「おまえがささおか!」って言われましたねw
すみません顔出ししてなくて><

色んな話題で盛り上がり、ちょっとまじめな話もしていたのですが、すでにぼくのライフは0になっており、半ば夢見心地で参加していましたが、朦朧としながらも美味い酒と美味い料理を食べていた…ような気がします。

宿泊は岩田さんの自宅にお世話になる事に!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)|画像007

東京に遊びに行くのはいいけど泊まる所どうしようかなーって悩んでいた所、Facebook上で仲良くさせて頂いている株式会社フォトスラの岩田さんが「家に泊まれよ!」と男気溢れるひとことを言って下さいました。

最初は恐縮し遠慮しようかと思っていたのですが、正直金銭的にもキツい旅行だった為、素直に甘える事に。

岩田さんの住所を聞いたところ、なんと白金!
その名前ぼくでも知ってるよ!セレブとかが住んでる所じゃんか!

おじゃましまーすと玄関から入ると1階なのに地下に降りる階段があるわ、部屋の真ん中にキッチンがあってシャレオツだわ、アクアクララ置いてあるわで、いちいち感動していました!

Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(前夜祭編)|画像008
愛犬キュウちゃんを撫でながらFacebookをやっている岩田さん。優雅やな!

「自由に使っていいから」って言って貰いましたけど、こんな家自由に使える訳無いじゃないですか。。。靴下履き替えようと思いましたよ。

「のど渇いてないか?」「風呂沸いてるから先に入っておいで」「毛布置いとくから好きな時に寝ればいいから」と、もてなし力もハンパなくキュンキュンしっぱなしでした。あぁ岩田さん家の子供になりたい!

お陰で旅の疲れをゆっくりと癒す事が出来て、ホテルや旅館よりもまったりとくつろぐ事が出来ました。わー書いててまた思い出したけど本当に至れり尽くせりだったなぁ…。

ちょっとだけ仕事したり、Facebookのコメント見たり、いいね!したりしてたら結局5時頃に。そのまま泥のように眠りにつきましたとさ…。

Facebookユーザーって温かい!

この1日目の東京旅行で感じたのは、Facebookユーザーってリアルでも温かい人多いなーって事と、これまで参加してきたネット上のコミュニティとはまた違う感覚。実名文化だからか仲間って感覚がより強い気がします。

ぼくは元々鞄屋で働いていただけの、どこにでもいるしがない一般人ですが、そんなぼくをFacebook上でもリアルでも温かく迎えてくれる雰囲気が凄く好きですし、会う事によってよりその思いが強くなりました。みんなありがとう!

さて18日はいよいよメインイベント「Facebook忘年会 in Tokyo」に参加!総勢130名の前でトークする事になっているけど、果たしてどうなる事やら・・・

2日目はこちら: Facebook忘年会 in Tokyoに参加してきました!(忘年会当日編)

追記:ささお的ビフォーアフターとは…

ささおのアレなファッションセンスを直そうと、原宿でコーディネートしてビフォーとアフターの画像をアップし、変化の度合いを楽しむという非常にユニークな企画です(棒読み)

いま考えると実現しなくて良かったのかも…

Facebook誕生を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」が面白そうです

Facebook誕生を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」が面白そうです

連日のFacebook関連エントリーで、興味のない方から「もうその話題いいから」と言われそうですが、この映画の公開は、日本での更なる盛り上がりへのきっかけになるかも。

アメリカでは既に10月1日から公開されている、Facebookの誕生を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」が、いよいよ日本でも来年の1月15日より公開されるようです。

http://www.youtube.com/watch?v=wHc3NmYKzto

公式サイトに掲載してあった、アメリカのメディア評価も期待を膨らませる物ばかり(まあ大体どの映画でも書かれますけどね)で、個人的にも凄く気になっています。

以下映画の簡単なストーリーを映画.comより引用。

世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」

創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化。

2003年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすためのネットワーキング・サービスを開発する。

そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、ファイル共有サイト「ナップスター」創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが……。

主演は「イカとクジラ」のジェシー・アイゼンバーグ。共演にジャスティン・ティンバーレイク、新スパイダーマンに抜擢されたアンドリュー・ガーフィルドら。

引用元: ソーシャル・ネットワーク : 映画情報 – 映画.com

僕だけかもしれませんが、サービス自体を面白そうだなって感じる事よりも、それに関わっている人とか、それに集まっている人を見て面白そうだなって思ったり、興味を持ったりする事が多いです。

「Facebookって正直とっつきにくいんだよね」って印象を持っている方でも、映画を見る事で印象が変わったり、興味が沸いたりするかもしれませんね。

参加人数2000人オーバー!フェイスブック同時オン会に参加してきました

参加人数2000人オーバー!フェイスブック同時オン会に参加してきました

日本でもにわかに盛り上がり始めたFacebook。あまちゃんことamachangさんの主催で昨日開かれた「フェイスブック同時オン会」に参加してきました。

参考: 今晩20時から、フェイスブックにて「オン会」を開催いたします! – IT戦記

スタートからテンションは最高潮!

「参加してきた」と言っても会場はFacebookの中。

イベントの内容も、各自が様々な方法で20:00から朝5:00までの間にFacebookにアクセスして、「いいね!」を付けまくったり、コメントしまくったりして盛り上がるというシンプルでゆるーいものです。

20:00の開始と同時にみんなで乾杯のコメント。と同時に左下の通知ボックスが爆発!
あっという間にコメントが溢れ「いいね!」が乱れ飛び、まさに「お祭りの始まり」といった感じでした。

イベントを楽しみすぎていて、まったくスクリーンショットを取っていませんでしたので、詳しくは下記のブログを参照されると盛り上がり具合が感じれると思います。

参考: フェイスブック同時オン会、スタートしてます – 北の大地から送る物欲日記

書き込みしすぎてコメント規制

開始直後に入り乱れる「いいね!」と書き込みの嵐。負けじと「かんぱーい!」って言いまくってたら、開始5分で下記のウィンドウが。

参加人数2000人オーバー!フェイスブック同時オン会に参加してきました|画像001
書き込み規制だと!?

結局今日17:00現在まで規制は解かれておらず、書き込み出来るのは自分のページとなってしまったため、イベント中は「いいね!」を押す事しか出来ないといった状況になってしまいました。

後で分かったんですが、僕以外にも書き込み規制を食らってコメント出来ない人がチラホラいたみたいですね。

参考: facebookでコメント停止になりました – #jiwajiwakuru

24:00の2度目の乾杯で再び左下爆発

イベントページで予告されていただけで、再び音頭をとるような事は無かったと思うのですが、24:00を待ち構えていたかのような一斉の「乾杯」コメント。

ここでも凄い量の書き込みがあり、左下は常に突き抜けた状態になりました。この段階での参加人数は2000人を突破。

開始から4時間が経つというのに勢いは衰えず、ユーザー同士の自由なコミュニケーションは更にフリーダムになっていましたw

中には「オン会のTシャツのデザインを起こしてみました(要Facebookログイン)」って人もいたようです。

参加人数2000人オーバー!フェイスブック同時オン会に参加してきました|画像002
結構クオリティ高い!(要Facebookログイン)

実はまだゆるーく続いているようです。

この記事を書く為に「フェイスブック同時オン会」のログを見直そうと、ページを開いてみたのですが、まだまだコメントも増えているようですね。

参加人数2000人オーバー!フェイスブック同時オン会に参加してきました|画像003
Facebook | フェイスブック同時オン会(要Facebookログイン)

イベント時と比べると速度はグッと落ちていますが、繋がりがイベント終了後も続いているというのは、なんだか素敵ですね。

「フェイスブック同時オン会」にリアルタイムで参加出来なかった方も、ログを読んで「いいね!」を付けてみたり、コメントを加えてみるだけでも面白いと思いますよ。

昨日参加していたメンバーなら、きっと何らかのリアクションを返してくれる…はずです。

僕も最近ではTwitterとFacebook半々で遊んでいます。Facebookでは「sscr.fb」のIDで遊んでいますので、気が向いたらお友達に加えて下さい。

関連リンク

Facebook | フェイスブック同時オン会(公開グループ)
Facebook | フェイスブック同時オン会(イベントページ)

Facebookを始めるなら日本でも盛り上がり始めた今なのかも…!

Facebookを始めるなら日本でも盛り上がり始めた今なのかも…!

Facebookが盛り上がっていますね。

ご多分に漏れる事無く、僕も昨日から眠っていたFacebookアカウントを引っ張り出して参加しているのですが、非常に楽しんでいます。

僕が楽しいと感じる理由は色々とあるのですが西岡Blogさんの記事「Facebookにおける脳の報酬系がヤバイ」にあるように、“1秒に3-4以上の反応が返ってくる”って所が大きいですね。

タイムラグの殆ど無い「いいね!」のリアクションや、短くて端的な素早い返信、友達リクエストから承認までのレスポンス、どれもがこれまで感じた事無いくらい素早いスピードで返ってくるので、まずはその速度に驚きました。

5分でタイムラインが流れてしまうTwitterが、ちょっとスローに感じる程に。

「それFacebookじゃ無くても他のサービスで出来るよ」って部分も、もちろんあるとは思いますが、沢山の人達がぞくぞくと集まってきているなーって感覚が、Twitterの第1次ブーム、第2次ブームが終わって参加した僕としてはとても新鮮なものに感じています。

ここまで大きなサービスにユーザーが集まり始め、その動きがうねりとなり、盛り上がり出しているって瞬間は中々体験出来るものではないので、Facebookに少しでも興味のある方は今が参加のタイミングなのかもしれません。

きっと「ネットの熱い鼓動」を感じると思いますよ。

Facebook関連記事

僕がFacebookを始めて気になった記事をピックアップしてみました。

「Facebook始めてみようかな?」って思っている方の参考になれば幸いです。

Facebookの楽しさ、楽しみ方など

Facebookの特色や特徴など

Facebookの設定、チュートリアルなど

その他のFacebook関連記事