カテゴリー別アーカイブ: 生活

34歳になって決めた一つのこと。

34歳になって決めた一つのこと。

本当ならね、40くらいはあるはずだったんです。

今年のはじめに抱負を書いたんですよ。みんな毎年やるじゃない。
その中の一つで「もっとアウトプットしていく」とかって書いてたんですよ。

今年のエントリー数えたらね。3つなんです。

「最低でも週に一度は書きたいなー」とか思ってたんだけどね。
何度数えても3つなわけです。

いまもう11月でしょ。本当ならね、40エントリーはあるはずなんですけどね。
トップページを半分くらいスクロールしたら2011年とか書いてある。

しかも6月。2011年の最後のエントリーが6月。

よく「ポジティブだよねー」とか言われますし、自分でも楽観的な方だと自覚してますが、これにはちょっと考えを改める必要があるなと思ったわけです。

で、決めました。

もう今年はブログ書かないぞと。
気が向いた時にしか書かないと。

違うんです待って下さい。そういうんじゃないです。

アレですよ。ブログだと思うから書けなかったんです。
ほら、ぼくってアルファブロガーを目指してたトコあったじゃないですか。

しらない? あったんですよ。

「ブログ書くならちゃんとしたエントリー書かないと…」

そう思うとプレッシャーに感じちゃって中々書けなかったんですよ。

そこでですね。日記にしちゃおうと。
日記ならあれじゃないですか。なんか軽い気持ちで書けそうじゃないですか。

同じようなもんだろ!みたいな意見も聞こえてきそうだけど。

ぼくの中では「ブログはみんなに公開するもの、日記は自分の記録のために書くもの」ってイメージがあるので、これなら気楽に書けるだろうなと考えた訳です。

ブログじゃなく日記書いてみようと思います。

そう決めた34歳の昼下がり。外は雨がしとしとと降っていました。

月額利用料2980円の光インターネットプロバイダ「Qit 光マンションVDSL タイプ」を申し込んでみた

月額利用料2980円の光インターネットプロバイダ「Qit 光マンションVDSL タイプ」を申し込んでみた

先日自宅のADSL回線速度を調べて、あまりの遅さに愕然としたのです。

月額利用料2980円の光インターネットプロバイダ「Qit 光マンションVDSL タイプ」を申し込んでみた|画像001
1Mbpsも出ていない… 悲しすぎる><

そう言えばRSSをチェックする時もモタ付いていましたし、URLを10個ぐらい開くと全部開ききるまでに随分時間掛かってたんですよね。

これはどうにかせねば…という事で、価格comのプロバイダ比較で一番安い光プロバイダを探してみました。

調べてみて驚いたのですが、最安値の光プロバイダが2980円! 僕が2、3年前に調べた時にはまだ月額利用料6000円位だったと思うのですが、今では随分と安くなっているんですね。

今回選んだのは「Qit 光 マンションVDSL タイプ」というヤツです。

月額利用料2980円の光インターネットプロバイダ「Qit 光マンションVDSL タイプ」を申し込んでみた|画像002
価格comで比較してみた画面。月額利用料が3000円切るとはメチャ安ですな!

また価格comから申し込むとキャッシュバック「17,000円」の特典が受けられるそうな。これは嬉しい! …って思ってたのですが、あいにく僕の住んでるアパートはUCOMの回線が来ていないという事で、キャッシュバックの対象外でした。うーむ残念。

まあしかし、月額3000円未満で光インターネットサービス受けられるなら安いもんですね。

申込みから工事完了、実際に使えるまでは4週間くらい掛かるそうなので開通するのは11月の初旬。実際に使ってみるまでは何とも言えませんが、格安の光インターネットプロバイダを探している方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

※ キャッシュバックキャンペーンを受けるには、最低利用期間が設定してある等の縛りもあるそうなので、その間に引越などの理由で転居の予定がある人は注意です。

参考: Qit 光 マンションVDSL タイプ | プロバイダ(マンション向け光ファイバー)比較 – 価格.com

懐かしい少年時代を思い出すプルタブ型栓抜き「Pop Top Bottle Opener」

懐かしい少年時代を思い出すプルタブ型栓抜き「Pop Top Bottle Opener」

昭和50年代以降に生まれた人には分からないかもですが、個人的に気に入ったのでエントリーしてみる。

部屋に置いてあるとニヤッとしてしまう、昔懐かしいプルタブ型の栓抜きをNEATORAMAで見つけましたのでご紹介。

以下より画像にてズラズラっと。

懐かしい少年時代を思い出すプルタブ型栓抜き「Pop Top Bottle Opener」|画像001

懐かしい少年時代を思い出すプルタブ型栓抜き「Pop Top Bottle Opener」|画像002

懐かしい少年時代を思い出すプルタブ型栓抜き「Pop Top Bottle Opener」|画像003

現在では日本で殆ど見かけない印象があるプルタブですが、中国などから少量の入荷があるみたいですね。以下にWikipediaより抜粋です。

タブとともに口金となる蓋の一部が切り取られて外れるプルタブ式(pulltab)と、タブが外れないステイオンタブ式(Stay-on tab)とがある。1980年代にはステイオンタブ式が広まり始め、1990年代初頭にはほとんどすべてがそれに切り替わった。

これは飲料缶から外されたプルタブがポイ捨てされるなどして、環境問題・社会問題として認識されるようになったことが大きい。ただし、日本では現在でも中国などから輸入されたプルタブ式の飲料缶がわずかながら流通している。

引用元: プルトップ – Wikipedia

現在のタイプはステイオンタブ式って言うのか!(知りませんでした。)

この「Pop Top Bottle Opener」は日本で販売している所は見つけられませんでしたが、以下から見る事が出来ますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

via: Pop Top Bottle Opener

とっても詩的なカレンダースカーフ

とっても詩的なカレンダースカーフ

ドイツのハノーファで活動しているデザイナー「パトリック・フレイ」さんがデザインしたカレンダーのコンセプトが素敵だったのでご紹介。

なんとこのカレンダーの正体は毛糸で編まれたスカーフ。端から糸を引く事(手動のようですw)で日時を知らせるようにしているようです。

デジタルな技術がどんどん加速していく時代だからこそ、こういったアナログなカレンダーを見ると、何だかほっとしてしまいますね。

YouTube – gregor calendar

ちょっと詩的なこのカレンダーの問題点は、小さなお子さんやペットがいる家で使うのが難しい事でしょうか。

日本での販売元は見つける事が出来なかったのですが、お値段は55ユーロ。ドイツからになってしまいますが「design-3000.de」から買えるようですので、気になる方はどうぞ。

via: The Calendar Scarf by Patrick Frey