カテゴリー別アーカイブ: 周辺機器

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました

先日のエントリー「15日間お試し無料の「Try WiMAXレンタル」を申し込んでみた。」で報告していた「Try WiMAXレンタル」が早くも昨日の昼過ぎ(申し込んで3日で到着)に届いたので、早速セットアップし気になる通信速度を測ってみました。

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像001
今回はUD03SSをレンタル。こんな箱で届きます。

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像002
WindowsXPの場合は接続するだけでセットアップが始まるようです。

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像003
インストール完了後、再起動するだけで使えるようになります。

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像004
自宅での電波強度は5段階中2ですね。

セットアップはとても簡単な為、まず迷うことなく行えると思います。それでは早速通信速度のテストを見てみましょう。

公称最大40Mbpsの実際の速度は?

さて気になる通信速度ですが、結論から言うと測定サイトによって結果に随分バラツキがありました。以下より7つの測定サイト結果です。

測定結果のテスト環境

場所: 福岡県福岡市内の自宅
日時: 2010年10月22日 14時30分より1時間程度
環境: PCを置いてある机(窓際)にて計測
天候: 晴れ
掲載順位: 平均速度が速かった順
その他: 計測結果の掲載は下りのみになっています。

価格.com ブロードバンドスピードテスト

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像005
平均速度は12.63Mbps。(画像は第1回目)

これが本当なら凄く早いですね。3回測定したのですが1回目が12.1Mbps、2回目が11.2Mbps、3回目が14.6Mbpsとの結果に。

Try WiMAXレンタル」を申し込む前にいくつかのブログで感想を見ていたのですが、ここまで速度が出たというのを見たことが無かったので、他のスピード測定のサイトでも計測をしてみる事に。

USENの回線速度測定

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像006
平均速度は6.29Mbps。(画像は第1回目)

こちらも同じく3回計測しました。1回目が6.397Mbps、2回目が5.956Mbps、3回目が6.538Mbpsとの結果に。随分測定結果が違っています。

RBB TODAYスピードテスト

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像007
平均速度は5.69Mbps。(画像は第1回目)

3回計測した結果は1回目が5.25Mbps、2回目が9.26Mbps、3回目が2.57Mbpsとの結果に。うーん、結果に随分とバラツキがありますね。

速度.jp スピードテスト 高機能版

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像008
平均速度は4.5Mbps。(画像は第1回目)

3回計測した結果は1回目が4.7Mbps、2回目が3.6Mbps、3回目が5.2Mbpsとの結果に。価格.comのスピードテストと比べると3分の1位しか出ていない様子。

ブロードバンドスピードテスト

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像009
平均速度は2.09Mbps。(画像は第1回目)

3回計測した結果は1回目が1.821Mbps、2回目が1.377Mbps、3回目が3.101Mbpsとの結果に。現在家で使っているADSLの速度「1Mbps」とあまり変わらない結果に。。。

goo スピードテスト

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像010
平均速度は1.64Mbps。(画像は第1回目)

3回計測した結果は1回目が1.66Mbps、2回目が2.2Mbps、3回目が1.07Mbpsとの結果に。これが本当ならば高速モバイルインターネットとは呼べないなぁ。

BNR スピードテスト

「Try WiMAXレンタル」を7つのスピードテストサイトで速度測定してみました|画像011
平均速度は0.65Mbps。(画像は第1回目)

3回計測した結果は1回目が0.659Mbps、2回目が0.803Mbps、3回目が0.512Mbpsとの結果に。これは遅い。。。

測定結果一覧表

測定サイト 平均速度 1回目 2回目 3回目
価格.com ブロードバンドスピードテスト 12.63Mbps 12.10Mbps 11.20Mbps 14.60Mbps
USENスピードテスト 6.29Mbps 6.40Mbps 5.96Mbps 6.54Mbps
RBB TODAYスピードテスト 5.69Mbps 5.25Mbps 9.26Mbps 2.57Mbps
速度.jp スピードテスト 高機能版 4.50Mbps 4.70Mbps 3.60Mbps 5.20Mbps
ブロードバンドスピードテスト 2.09Mbps 1.82Mbps 1.38Mbps 3.10Mbps
goo スピードテスト 1.64Mbps 1.66Mbps 2.20Mbps 1.07Mbps
BNR スピードテスト 0.65Mbps 0.66Mbps 0.80Mbps 0.51Mbps

結論:測定サイトによって0.6Mbpsから12.6Mbpsの違いがある

今回7つのサイトでスピードテストを行ってみた所、何ともよく分からない(役に立たない)測定結果になってしまいました。。。

ただ僕が使ってみた感想(使い始めて6時間くらいですが)は、以前の1Mbpsの環境と比べると、サイトによっては表示までが随分と速く感じます。

当初目論んでいた「光インターネットの代替えになれば…」というのには、正直実力不足ですが、移動する機会が多い方なら随分と心強い味方になってくれるのではないでしょうか?

また、この測定結果をFacebook内で書き込んだ所、「MTUを調整すればもっと速度が上がるよ」というアドバイスを頂きましたので、別の機会に再設定して測定してみたいと思います。

他にも「この測定方法なら信頼性高いよ!」などの情報をご存じの方がいらっしゃいましたら、宜しければ下記のコメント欄か、Twitter(@sscr)で教えて下さい。

これは可愛い!ジャマなケーブルを収納できるCtrlキー型ケーブルボックス

これは可愛い!ジャマなケーブルを収納できるCtrlキー型ケーブルボックス

パソコンやガジェットを愛する人に共通する悩みがケーブルの処理。新しい機器を買えば買う程増えていくケーブルの束には困ってしまいますよね。

今となっては随分無線化も進んできていますが、電源ケーブルや昔の機器などは今でも有線で繋がなくてはいけないので、これからも当分この悩みとは付き合っていくしかなさそうです。

そんな悩みを解消すべく、少し前にBlueLoungeのケーブルボックスがWEB上でも人気を獲ていましたが、グリーンハウスから出たケーブルボックスはさらに可愛らしいデザインで良い感じですよ。

これは可愛い!ジャマなケーブルを収納できるCtrlキー型ケーブルボックス|画像001
ケーブルボックス|GH-CBXシリーズ|GREEN HOUSE グリーンハウス

カラーはブラック・ホワイト・ブラウン・ピンク・ブルー(?)・イエローの計6色。(ブルーの色がホワイトに見えますね…)

パソコンをよく扱う方は勿論、そうでない方もシンプルでなデザインで機能的ですので、ケーブル類のまとめに困っている方には嬉しいアイテムではないでしょうか?

via: 電源タップの周囲をスッキリまとめるCtrlキー型ケーブルボックス – ガジェット通信

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。

iPhoneを外でも快適に使うなら、Bluetoothキーボードが欲しいよなぁと色々探していた所で見つけた「Matias Folding Keyboard Bluetooth」のMac/ASCII配列

持ち運びできる折りたたみ式Bluetoothキーボードと言えば、リュウドの「RBK-2000BTII」が有名ですが、画像から判断するに少し頼りない印象があった(スタンドが付いているのは良いけどね)のと、テンキーが付いていた方が良かったので今回は見送り。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像001
(上)リュウド「RBK-2000BTII」(下)「Matias Folding Keyboard Bluetooth」

日本で購入しようとすると¥16,800(7月23日/Amazon)程するのですが、7/11までサッカーWC スペシャルセールで¥7,980の超特価になっていたので、物欲に負けて早速購入してみました。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像002
購入したのはこちらのお店。「Vintage Computer」。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像003
お目当てのMatias Folding Keyboard Bluetooth Mac/ASCII配列(画像の価格はセール後の¥9,800に戻っています。)

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像004
必要事項を入力して次へ進むをクリック。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像005
発送方法を選ぶ画面が出てきます。日通メールプラスだと7-10営業日かかり¥1,400。日通eペリカン便だと4-5営業日かかり¥2,300。

急ぎではないですし、安い方が良かったので私は日通メールプラス(1,400)を選択しました。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像006
注文確認画面です。アメリカから直送で、送料が¥1,400、TAXが¥319加算され、合計金額が¥9,699に。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像007
支払い選択画面です。

クレジットでの支払いだと米ドルでチャージされるらしいですので、実際に請求が来る金額が分かりにくい事もあり、私は銀行振込にしました。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像008
最終確定画面で購入商品明細、配達先住所などの個人情報が明記され注文完了です。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像009
注文完了後にVintage Computerから「Vintage Shopping Order オーダー番号 *****」(*****は5桁の数字)とメールが着信。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像010
指定口座に入金すると発送完了のメール「トラッキングコメント オーダー番号 *****」(*****は5桁の数字)が着信します。

そこに商品のトラッキングを行う事が出来る「トラッキングナンバー」と配達状況の確認が出来るURLが記載されているので、今どの辺に商品があるのかが詳しく分かります。

Matias Folding Keyboard BluetoothがVintage Computerで7/11までセール価格で販売していたので購入してみました。|画像011
7月5日に注文して私が入金を完了したのが7月8日。7月9日に発送完了のメールが届き、7月16日には到着。結構早かった印象ですね。

感想としては思わぬ安い値段で購入でき、予想よりも早く到着したので概ね満足しています。(現物が思ってたより大きかったのは予想外でしたが…)また別のエントリーで使用感などをレビューしようと思います。