カテゴリー別アーカイブ: 便利

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」

iPhone用の人気アプリ「Simplenote」は、iPhone上で簡単にメモを追加、編集出来る無料アプリで、私も毎日愛用しています。

シンプルなインターフェイスと起動速度の速さ、メモをオンライン同期出来る事で、公開当初から人気を得ていた「Simplenote」。バージョンアップを重ねる毎に正当進化していたのですが、今回v3.0.2へのアップデートに併せてWEB版「Simplenote」の使い勝手も随分と良くなっていました。(アイコンも可愛くなりましたね!)

「Simplenote」ってなに?って人は、マイコミジャーナルの【レビュー】iPhoneだけでメモを完結させない、メモデータ活用サービス『Simplenote』がよく纏まっていますので、こちらをご参考に。

実はこの記事も試しにWEB版「Simplenote」上で書いているのですが、テキストエディタと遜色なく使う事が出来、普通に打ち込んでいるだけではWEBアプリだという事を忘れてしまいそうなくらい素晴らしく仕上がっています。

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像001
こちらがインターフェイス。シンプルで好感が持てますね。

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像002
サイドにメモの一覧が。タイトル名はテキストの1行目が自動的に選択されます。

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像003
テキスト入力画面の上にはシンプルな3つのボタンと、タグを追加するボタンがあります。
(左から、メモの削除、バージョン、ピン。下がタグボタン)

サイドバーに表示されるメモは日付が新しい順に並んでいるのですが、ピンを立てる事によって一番上に表示させる事が出来ます。また、複数のメモを管理する方に嬉しいのがタグ機能ですね。これは今回バージョンからの追加機能です。

このボタンの中でも特に便利だなーと感じたのが、バージョンボタン。ここにマウスを載せると…

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像004
こうやってバーが現れ、左にスライドさせる事によって時間を遡るようにメモが時間毎のバージョンに戻っていきます。これがあれば「書き直してみたけど、やっぱり最初の方が良いな」って時にチャチャっと元に戻せるので、特に長文の記事を書く人やレポートなどのまとめを書くにも便利なのではないでしょうか。

iPhone版「Simplenote」は勿論、WEB版「Simplenote」も無料で使う事が出来ますが、データの出力やRSS配信等が出来る高機能な有料版もあります。しかしネックなのが年間1,200円/年という価格。結構ハードル高いですよね…

データの出力だけでも出来ないかなーって探してみたら、サードパーティのサービスで様々な形式に出力してくれる「Simplenote Backup」ってサービスがありました。

WEB版がアップデートされて、更に神アプリへ近づいたiPhoneアプリ「Simplenote」|画像005
テキストデータをText、CSV、JSON、XML、YAML、Evernote形式でダウンロード出来ますね。便利!

さて最後に僕が「Simplenote」を選んだ理由を。

PCとiPhone間でメモを同期するという意味ではEvernoteと変わらない…というかEvernoteの方が機能的には豊富ですね。しかし高機能ゆえにPCやWEBからの動作が非常に重く、管理がめちゃくちゃメンドイ!と感じ「Simplenote」を選びました。

これは個人の用途に依るのですが、僕の場合は圧倒的にテキストを扱う機会が多く、すぐにメモを出来て軽く、iPhoneからもPCからも扱えるアプリを探していました。勿論Evernoteも素晴らしいですが、僕にはこれ位シンプルな方が良いようです。

シンプルにメモを扱いたいといった用途には非常に便利なアプリ「Simplenote」。是非一度試してみて下さい。

[iTunes] iTunes App Store: iPhone、iPod touch、iPad 対応 Simplenote
[WEBアプリ] Simplenote

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ

最近必要なものが多く、結構ネットで物を買う機会が多かったのですが、その時に活用しているのが「価格比較.com」です。(ちなみに「価格.com」と名前が非常に似ていますが、全く関係はありませんw)

価格比較.com」では、Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングconeco.netヤフオクbiddersなどのサイトを縦断し、最安値で買える所を調べる事が出来ます。

使い方は簡単に使う方法として、こちらからブックマークレットをブラウザのブックマークバーに登録します。

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ|画像001
そして調べたい商品のページでブックマークレットを押すと、

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ|画像002
こんな感じで表示されます。

ブックマークレットが使えない場合などは、直接サイトに行って品番を入力し、検索ボタンを押せばOKです。

最安値の商品を探したいって時に使う他にも、中々売っていない商品を縦断的に探したいって時にも結構便利ですよ。

ただ探す範囲が非常に広いので、一般的なキーワードで検索してしまうと、目的の商品以外の物までがヒットしてしまい、逆に探すのが大変になってしまいますので、その辺のさじ加減は検索しながら覚えた方が良いと思います。

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ|画像003
エネループ」で検索するとこんな感じ。

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ|画像004
少し絞って「モバイルブースター KBC-L2AS」で検索するとこんな感じ。

但し、あまりにも安くて(相場の50%以下とか)非常に怪しかったり、「送料を合わせるとAmazonよりも高くなってしまった…」となってしまう場合もありますのでご注意を。

ちゃんと信頼が置けるショップなのか、送料や手数料を合わせても安いのかを調べ、自己判断で購入して下さいね。

ブックマークレット:[価格比較] ←クリックせずにツールバーにドラッグして下さい。
価格比較.com – 最安値発見ツール

オンラインストレージは最大2GBまでの大容量ファイルを送れる「firestorage」がオススメ

オンラインストレージは最大2GBまでの大容量ファイルを送れる「firestorage」がオススメ

以前にもブログで紹介しましたが、最近聞かれる機会が多いので再度紹介。

仕事や取引先とのファイルのやりとりに便利なのがオンラインストレージですが、大きい容量のものになると使えるサービスが限られてしまいます。

そんな時に使いやすいのが「firestorage」。会員登録せずとも1ファイル最大2GBまでの大容量ファイルを送る事が出来るのです。

オンラインストレージは最大2GBまでの大容量ファイルを送れる「firestorage」がオススメ|画像001

保存期間は最大7日間ですが、アップロードしたユーザーが細かく設定出来ますし、サイト自体もシンプルなデザインで非常に使いやすくなっています。

使い方はGIGAZINEさんの紹介記事や、下記の動画が非常に分かりやすいのでご参考に。

「著作権侵害など違法なファイルではない」にチェックを入れて、アップロードファイルを選択。アップロードに表示されるURLを相手先に送るだけと非常に簡単ですね。

firestorageの特徴はサイトに詳しく書いてありますが、中でもアップロードの速度が他のサービスに比べて早い事や、専用のソフトが不要な所、先方がダウンロードした事がメールで通知が来る所(無料の会員登録が必要)なんかが非常に便利です。

また近々8GBまでアップロード出来るサービスも計画中との事で、更なる大容量なファイルを扱う仕事をしている方にも非常に嬉しいのではないでしょうか。

Twitter(@firestorage)でも随時障害情報や、新サービスの案内をやっているみたいですので、気になる方はフォローしてみても良いかもですね。

ショップ運営やヤフオク出品の際に役に立ちそうな、クロネコヤマトなどの商品照会リンクURL

ショップ運営やヤフオク出品の際に役に立ちそうな、クロネコヤマトなどの商品照会リンクURL

ネットショップを運営している方や、ヤフオクで出品している人なんかに必ず出てくる業務が「商品の発送」です。

購入者や落札者に安心して取引して頂く為に、発送が完了した後には必ず「送り状の番号」をメールで連絡している人も多いのではないでしょうか?

発送をメインとしていると、そこで安心してしまいがちですが、ただ送り状番号をメールで送るだけの場合、購入者は

? メールを開く
? 送り状番号をコピーする
? 発送業者のURLをクリックする
? 送り状番号照会のページにペーストして荷物の状態を照会する

と4つの行程をたどる事になり、これが毎回になると結構な手間となります。

僕自身もよくネットショッピングをするので、なんか良い方法無いかなーと思っていたのですが、各運送会社の発送物照会URLをまとめてくれている方が!

以下引用です。

ちなみに、自分が調べた、配送業者ごとの照会リンクURL

ヤマト運輸

https://jizen.kuronekoyamato.co.jp/jizen/servlet/crjz.b.NQ0010?id=

西濃運輸(カンガルー便)

https://track.seino.co.jp/cgi-bin/gnpquery.pgm?GNPNO1=

佐川急便

https://k2k.sagawa-exp.co.jp/p/web/okurijosearch.do?okurijoNo=

JPエクスプレス(ペリカン便)

https://info.jpexpress.jp/confirm/confirmList.html?denpyoNo=

ゆうパック

http://tracking.post.japanpost.jp/service/singleSearch.do?searchKind=S002&locale=ja&SVID=023&reqCodeNo1=

書留

http://tracking.post.japanpost.jp/service/singleSearch.do?searchKind=S002&locale=ja&SVID=023&reqCodeNo1=

翌朝10時郵便

http://tracking.post.japanpost.jp/service/singleSearch.do?searchKind=S003&locale=ja&SVID=023&reqCodeNo1=

EMS

http://tracking.post.japanpost.jp/service/singleSearch.do?searchKind=S004&locale=ja&SVID=023&reqCodeNo1=

ところが、唯一、照会リンクでのアクセス方法が分からないのが福山通運。(ご存知の方がいらっしゃったら、教えていただきたいです。)

引用元: サービスがいいMacBookにしておく – ザリガニが見ていた…。

これは何が素晴らしいかというと、発送を行うショップやヤフオク出品者が予め送り状番号を上記のURLに続けて記載しておくだけで、これまで4回の行程が必要だったのが

? メールを開く
? 照会URLクリックで、自分の荷物の状態が照会できる!

となるのです!

すでに決まったシステムで運用している所などは、直ぐに実践出来ないかもですが、小さな店舗や個人の出品などでしたら簡単に実践出来そうです。

お客様の煩わしさを解消する・・・というと大げさかもしれませんが、こういったちょっとした心配りが出来ているショップは素敵ですよね。

フリーソフト「WinMania」は凄ソフト!

フリーソフト「WinMania」は凄ソフト!

昨日のエントリーの2番煎じっぽいですが、本日もフリーソフトをご紹介。

というのも、本日紹介する「WinMania」は「ぴたすちお」と併せて使うと特に便利なんです。

「WinMania」の設定画面(サイズをカスタム済み)
「WinMania」の設定画面(サイズをカスタム済み)

WinMania」は、タイトルバーを右クリックしてメニューを選ぶことで、あらかじめ設定しておいたサイズにウィンドウサイズを変えてくれます。

パーセンテージでの設定も出来るので、使っているパソコンの解像度に関係なくちょうど良いサイズにリサイズしてくれます。

またウィンドウのリサイズ設定を行う際に、「ウィンドウを配置」も設定可能なので、「リサイズと同時に左上にウィンドウを配置させる」といった芸当もワンクリックでOK。

このソフトも、沢山ウィンドウを開いて作業する機会の多い方にオススメです。

ウィンドウを最前面に表示する機能もあります。
ウィンドウを最前面に表示する機能もあります。

窓の杜 - 【REVIEW】タイトルバーの右クリックメニューでウィンドウをリサイズ・移動「WinMania」
窓の杜 – 【REVIEW】タイトルバーの右クリックメニューでウィンドウをリサイズ・移動「WinMania」