カテゴリー別アーカイブ: ニュース

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。

アメリカの「Mashable」によると、Twitter社が今週木曜日(日本時間では8月13日金曜日頃でしょうか)に公式ツイートボタンの提供を始めるそうです。

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。|画像001

ボタンの数は3種類で「110×20」「55×20」「55×63」との事。ウェブサイトやブログにボタンを設置する為の簡単な1行程度のコードも準備しており、カスタムする事が出来る5つのオプションもあるそうです。

以下セッティングや仕様の参考画像をどうぞ。

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。|画像002

Twitterが公式ツイートボタンの提供を間もなく始めるようです。|画像003

Facebookの「Likeボタン」や「Shareボタン」への牽制との見方もあるようですが、ウェブサイトやブログの運営者からすると、手軽に設置出来る公式ボタンの提供は嬉しいですね。

ユーザー側から見ても外部サービスに頼らなくて良い分、セキュリティ的に安心して使えるのではないでしょうか。

元サイトは英語ですが、さらに詳しく説明してありますので、気になる方はご参照下さい。

via: Twitter Launching Official Tweet Buttons This Week [EXCLUSIVE]

ニフティが技術者向け勉強会の会場提供を無料で始めたようです。

ニフティが技術者向け勉強会の会場提供を無料で始めたようです。

今回もTwitterからのネタですが、素晴らしい試みなのでご紹介。

主題の通りなのですが、ニフティが技術者向け勉強会の会場提供と、動画配信協力を無料で始めたようです。(上記の画像は、提供会場となる大森ベルポートのウェブサイトより)

ニフティが技術者向け勉強会の会場提供を無料で始めたようです。|画像001

以下、お問い合せ方法と「@nifty エンジニアサポート」概要の引用です。

【「@nifty エンジニアサポート」主催者の方からのお問い合せ方法】

「Twitter」にてお問い合わせください。当社から折り返しご連絡をさせていただきます。

※ハッシュタグ「#nifty_engineer

※技術者向け勉強会公式アカウント
http://twitter.com/nifty_engineer

※当社からは以下の内容を追ってご確認させていただきます。
・ 勉強会の名称/概要
・ 勉強会を主催する技術者の方の代表名または団体名ならびにご連絡先
・ 開催時期(日時)
・ 開催規模(勉強会定員)
・ 利用を希望する設備(プロジェクター、動画配信設備など)
・ その他ご要望

【「@nifty エンジニアサポート」概要】

・ 利用料金:無料
・ 提供会場:ニフティ株式会社 セミナールーム
       東京都品川区南大井 6-26-1 大森ベルポート A 館
・ 勉強会開催日程:平日 18 時以降開催
          休日 応相談
・ 利用可能設備:会議室(約 80 名 着席可能)
         プロジェクター/マイク
         ネットワーク接続環境(有線/無線 LAN)
         ※動画配信などのお手伝いも可能です。

引用元: [PDF]ニフティ、「@nifty エンジニアサポート」を本日から正式に運用開始(241KB)

ニフティが技術者向け勉強会の会場提供を無料で始めたようです。|画像002
会場付近の地図

東京近郊で80名位の技術者向け勉強会や、セミナーなどを企画する際には非常に便利な場所ですし、無料で利用出来るので会場の案に入れるのも良いのではないでしょうか。

via: ニフティ、「@nifty エンジニアサポート」を本日から正式に運用開始|ニフティ株式会社

iPhone 4の日本版テレビCMが公開されているようです。

iPhone 4の日本版テレビCMが公開されているようです。

iPhone 4が発売されて1ヶ月以上が経ちましたが、ようやく日本でもiPhone 4のテレビCMが始まったようで、日本版でもFace Timeを前面に押し出す作りになっています。

Appleの公式サイトで公開されているのは2作品で、単身赴任のお父さんに、娘さんと奥さんが手作りケーキを作りFace Timeを使ってその様子を伝える「バースデー編」、

もう1つは娘のウェディングドレス選びをFace Timeをつかって一緒に選んであげるお母さんの様子を描いた「ウェディングドレス編」。

どちらも台詞はなく、ルイ・アームストロングが歌う「When You’re Smiling (The Whole World Smiles With You)」が流れ、映像だけでiPhone 4の素晴らしさを伝えています。

http://www.youtube.com/watch?v=7cpIOCJOWfw

iPhone 4 日本語版TVCM バースデー編

http://www.youtube.com/watch?v=X_sK4_WVWKU

iPhone 4 日本語版TVCM ウェディングドレス編

今回の日本バージョンのCMも日本の生活スタイルにローカライズされていて勿論素晴らしいのですが、個人的には海外バージョンの「手話を使ってFace Timeで話す」ものがグッと来ましたね。

http://www.youtube.com/watch?v=R1wbQdVezio

1:16当たりから手話を使ってFace Timeが始まります。

via: 健全なiPhoneブログ: iPhone4のTVCMが公開

Appleから新製品「Magic Trackpad」と「Apple Battery Charger」、その他3点が発表されました。

Appleから新製品「Magic Trackpad」と「Apple Battery Charger」、その他3点が発表されました。

Macは触った事すらないのですが、毎回Appleの新製品はその素晴らしいデザイン故に注目してしまいます。

今回新製品として発表になったのは合計5点。

Appleから新製品「Magic Trackpad」と「Apple Battery Charger」、その他3点が発表されました。|画像001
iMac – 究極のオールインワンデスクトップコンピュータ。

Appleから新製品「Magic Trackpad」と「Apple Battery Charger」、その他3点が発表されました。|画像002
Mac Pro – 最大12コアの処理能力を。(8月発売)

Appleから新製品「Magic Trackpad」と「Apple Battery Charger」、その他3点が発表されました。|画像003
LED Cinema Display(9月発売)

Appleから新製品「Magic Trackpad」と「Apple Battery Charger」、その他3点が発表されました。|画像004
Magic Trackpad – デスクトップのためのマルチタッチトラックパッド。

Appleから新製品「Magic Trackpad」と「Apple Battery Charger」、その他3点が発表されました。|画像005
Apple Battery Charger – アクセサリの電力を、エネルギー効率の良い方法で。

その中でも「Magic Trackpad」と「Apple Battery Charger」はそのデザイン性と他にはないパフォーマンスで、非常に注目しています。(Battery Chargerはエネループと比べてどうなんだろ?)

Magic Trackpadの主な特徴
・Apple Wireless Keyboardと同じ、アルミニウム製
・タッチ部分はなめらかで摩擦に強いガラス製
・Bluetoothで接続。最大10メートル離れた場所でも安定
・一定の時間入力が無い事を感知する機能
・電源のオン/オフスイッチで消費電力を節約
・マルチタッチ対応で、スクロール、ピンチ、スワイプ、回転などが直感的に行える

Apple Battery Chargerの主な特徴
・電力消費量を業界標準10分の1、30ミリワットにまで減らしている
・スリムでコンパクトなデザイン
・単3ニッケル水素充電池が6本ついていて$29(日本では3000円位?)
・充電式電池は数百回も繰り返し充電できる
・電池は耐用年数が最長で10年間も使い続ける事ができる

Magic Trackpad」がWindowsに対応するのかどうかと、「Apple Battery Charger」とエネループの比較が気になりますね。

Yahoo! Japanの検索サービスがGoogle検索エンジンを採用する事に決まったようです。

Yahoo! Japanの検索サービスがGoogle検索エンジンを採用する事が正式に決まったようです。

SEO業界は今頃、そうとう混乱しているのでは無いでしょうかw

当社は、本日、Yahoo! JAPAN の検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびに Yahoo! JAPAN からグーグルへのデータ提供について、下記のとおり決定いたしましたので、お知らせいたします。

日本において利用者数で圧倒的 No. 1 を誇るインターネット総合サービスカンパニーである Yahoo! JAPAN は、様々な人気の高いサービスを提供しておりますが、そのなかの一つである検索サービスにおいて使用している「検索エンジン(インターネットに存在する情報を検索する機能) 」と、 「検索連動型広告配信システム(検索キーワードに連動した最適な広告を検索を利用されているお客様に配信するシステム) 」を Google Inc.(米国カリフォルニア州、米ナスダック上場、以下「グーグル」 )のエンジンおよびシステムに切り替えることに決定いたしました。

これにより、グーグルが使用している定評のある検索エンジンと検索連動型広告配信システムを、日本で非常に人気が高く、その利便性が評価されて利用者の支持を受けているYahoo! JAPAN の検索サービスに組み込むこととなり、Yahoo! JAPAN の検索サービスの価値は引き続き高く維持されます。

引用元: [PDF] Yahoo! JAPAN の検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPAN からグーグルへのデータ提供について (2010/7/27)

Yahoo! Japanの検索サービスがGoogle検索エンジンを採用する事が正式に決まったようです。|画像001

これで日本の検索エンジンシェアは、ほぼGoogle一社となりそうですが、これからBingが食い込んでくるのか、それともBaiduが仕掛けてくるのか、今後の動向が楽しみです。

関連情報
Yahoo! JAPAN – IR関連情報
Google Japan Blog: Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために