Facebook誕生を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」が面白そうです

Facebook誕生を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」が面白そうです

連日のFacebook関連エントリーで、興味のない方から「もうその話題いいから」と言われそうですが、この映画の公開は、日本での更なる盛り上がりへのきっかけになるかも。

アメリカでは既に10月1日から公開されている、Facebookの誕生を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」が、いよいよ日本でも来年の1月15日より公開されるようです。

http://www.youtube.com/watch?v=wHc3NmYKzto

公式サイトに掲載してあった、アメリカのメディア評価も期待を膨らませる物ばかり(まあ大体どの映画でも書かれますけどね)で、個人的にも凄く気になっています。

以下映画の簡単なストーリーを映画.comより引用。

世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」

創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化。

2003年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすためのネットワーキング・サービスを開発する。

そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、ファイル共有サイト「ナップスター」創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが……。

主演は「イカとクジラ」のジェシー・アイゼンバーグ。共演にジャスティン・ティンバーレイク、新スパイダーマンに抜擢されたアンドリュー・ガーフィルドら。

引用元: ソーシャル・ネットワーク : 映画情報 – 映画.com

僕だけかもしれませんが、サービス自体を面白そうだなって感じる事よりも、それに関わっている人とか、それに集まっている人を見て面白そうだなって思ったり、興味を持ったりする事が多いです。

「Facebookって正直とっつきにくいんだよね」って印象を持っている方でも、映画を見る事で印象が変わったり、興味が沸いたりするかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>