自然の前には人間は無力だと感じさせられる、嵐に遭遇したパシフィック・サン号の船内カメラ影像

自然の前には人間は無力だと感じさせられる、嵐に遭遇したパシフィック・サン号の船内カメラ影像

2008年7月30日に、1732人の乗客と671人のクルーを運んでいたパシフィック・サン号は猛烈な嵐に襲われました。荒れ狂う波は7mを超え、吹き荒れる風は50ノットに及んだそうです。(via: LiveLeak)

比較的大きな客船を思わせるパシフィック・サン号の船内カメラ影像には、カウンター越しに話すスタッフが映し出されています。

最初は揺れても「ちょっと波が高いんだろうな」ぐらいで、乗客もスタッフも平然を装っていますが次第にとんでもない事に… 続きは動画でどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=cfbcYh1omc4

YouTube – Pacific Sun Cruise liner in very heavy seas. Internal CCTV footage

無音なのが逆に、画面の向こう側の音を想像してしまい怖いですね…

ネタ元のneatorama.comによると、この嵐で多くの乗客があばらや手足の骨折を含む大けがを負ったそうです。

秋になると行楽の機会も増えます。どのような場合でも災害は起こりうると考え、定期的に災害時の行動をシミュレーションしておくのも良いかもしれませんね。

via: Stormy Weather | neatorama.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>