最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ

最近必要なものが多く、結構ネットで物を買う機会が多かったのですが、その時に活用しているのが「価格比較.com」です。(ちなみに「価格.com」と名前が非常に似ていますが、全く関係はありませんw)

価格比較.com」では、Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングconeco.netヤフオクbiddersなどのサイトを縦断し、最安値で買える所を調べる事が出来ます。

使い方は簡単に使う方法として、こちらからブックマークレットをブラウザのブックマークバーに登録します。

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ|画像001
そして調べたい商品のページでブックマークレットを押すと、

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ|画像002
こんな感じで表示されます。

ブックマークレットが使えない場合などは、直接サイトに行って品番を入力し、検索ボタンを押せばOKです。

最安値の商品を探したいって時に使う他にも、中々売っていない商品を縦断的に探したいって時にも結構便利ですよ。

ただ探す範囲が非常に広いので、一般的なキーワードで検索してしまうと、目的の商品以外の物までがヒットしてしまい、逆に探すのが大変になってしまいますので、その辺のさじ加減は検索しながら覚えた方が良いと思います。

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ|画像003
エネループ」で検索するとこんな感じ。

最安値の商品を検索するなら「価格比較.com」が便利ですよ|画像004
少し絞って「モバイルブースター KBC-L2AS」で検索するとこんな感じ。

但し、あまりにも安くて(相場の50%以下とか)非常に怪しかったり、「送料を合わせるとAmazonよりも高くなってしまった…」となってしまう場合もありますのでご注意を。

ちゃんと信頼が置けるショップなのか、送料や手数料を合わせても安いのかを調べ、自己判断で購入して下さいね。

ブックマークレット:[価格比較] ←クリックせずにツールバーにドラッグして下さい。
価格比較.com – 最安値発見ツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>