(1)孫社長登壇?アカデミアについて|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ

(1)孫社長登壇?カデミアについて|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ

まずは「はじめに|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ」をお読み下さいませ。

(孫正義社長 登壇)

皆さんこんにちわ。

こんなに勢いのある顔が、我がグループに一杯いたとは。あんまり知らなかったね。

今日はUSTでも流しています。日本から多くのソフトバンクアカデミアに関心を持っている方々も一緒に聞いて頂いております。

今日はまだ正式なソフトバンクアカデミアのメンバーとして確定した人ではなくて、グループ内の希望者みんなに集まって頂いたという状況です。

(1)孫社長登壇?カデミアについて|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ|画像001
(ここでハンドマイクに持ち替える)

グループ内で希望者が約1000名集まって頂きましたけれども、その中でどの人達に正式な第一期生のアカデミアの皆さんになって頂くかっていうのは、数日間で決めるよりもじっくりとフェアなプロセスで決めようという事で、今日は希望者の皆さん全員に集まって頂いたという形であります。

また外部の方からも、昨日の夜12時から希望する方の登録を開始しました。
既に三千数百名の方々が30人の枠に向けて応募してきている。3700だったかな?

まだ24時間経っていませんけど、18時間で3700名の方々が関心を持って頂いている。今日いる皆さんは社内ラッキーと。(開場笑い)

(1)孫社長登壇?カデミアについて|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ|画像002

少し競争率が宜しいという事で、まあ外の皆さんの方がその分競争率が高い形になりますが、このグループ内部からと外からの比率は徐々に変わっていきます。

スタートは300の内270がグループ内から。約1000名の応募の中から270人。
外の皆さんからは、既に3000名を超えている皆さんの中から30名位という事になりますけれども、徐々に様子を見ながら外の人で優秀な人がいれば、その比率が増えていくという事になると思います。

で、半年に一回ずつね、半年に一回ずつ入れ替え戦が入っていくと。
自動的に下の10%は自動的にアウトと。いう事になります。

誰がどうやって10%決めるんだーって言うと、アカデミアの生徒の皆さんがお互いに相互に点を付けると。いうのが基本になるという事であります。

皆さんがどんどんプレゼンをして進む事になっていきます。

(1)孫社長登壇?カデミアについて|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ|画像003

ですから、出来るだけ最初の入校も透明なプロセスで行って、プロセスを出来るだけ公平に且つ透明に。

その後の入れ替え戦においても、半年ごとに入れ替わりますが、それも透明なプロセスで行われるという事にしたいと考えております。

それでは早速ですね、第1回目の私自身が皆さんに提供するアカデミアとしての講義の内容という事でそれに入って行きたいと思います。

目次|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ

はじめに|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ
(1)孫社長登壇?カデミアについて|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ
(2)「孫の二乗の兵法」の生まれた経緯とその意味|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ
(3)「孫の二乗の兵法」の各行の意味|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ
(4)1行目「道・天・地・将・法」|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ
(5)2行目「頂・情・略・七・闘」|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ
(6)3行目「一・流・攻・守・群」|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ
(7)4行目「智・信・仁・勇・厳」|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ
(8)5行目「風・林・火・山・海」|ソフトバンクアカデミア開校式 まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>